男女のイラストの描き分けってどうするの?男性や女性の輪郭や手や身体の描き方とは

Pocket





こんにちは!イラストレーターのkiuiです!

男性と女性の描き分けってあった方がいいのか、より性別を意識して貰いたい場面では重要になってきますよね。

あまり差が無い描き方も良いですが、出来ればどちらかといったことで、また感情移入出来るか出来ないかも出てくると思いますので、出来れば描き分けをしたいなー…と考えている方も見えると思います。

そこで、今回は男性と女性の描き分けの基本をお伝えします!




男女の描き分けのコツについて

まずはじめに、男女の描き分けでより男性らしさや女性らしさが出るコツについてお伝えします。

男性と女性の外見の違いといえば…

まずざっくり言いますと、体脂肪率が大分違います!

同じような体格の男女を並べても、男性の方が少なく、女性の方が多いといった印象です。

これは何も「女はデブ?(´-`)」といったことを言いたいわけではありません。

男性は比較的女性より筋肉が付きやすく、逆に女性は身体的構造の理由によって多少脂肪が付きやすい体に作られています。

ですので、キャラクターによりけりですが、基本は同じような体格の男女を並べた際には極端な例ですが……

男性は四角□

女性は○

といった具合に書き分けていきましょう!

そうしたことで、男性か女性かといったことは一目瞭然となると思います。

これを踏まえて、次は部位ごとに描き方をお伝えしていきます。

男女の輪郭の描き分けについて

次に輪郭についてですが、前の章でお伝えした通り、男性は□、女性は○を意識して描いていきます。

男性の輪郭の描き方

男性の輪郭では基本、顎や頬をカクカクした具合で描くと、より男性らしさが出てくると思います。

逆に中性的な男性であるなら、多少頬に丸みを加えてシャープに見せていけますし、漢!という雰囲気であれば、角張った範囲を広げてみると雰囲気がでるのではと思います。

女性の輪郭の描き方

女性の輪郭の描き方は、男性よりは角張った感じではなく、顎をシュッとさせ、○を意識して描いていくとより女性らしさが出てきます。

女性は基本は目は気持ち大きめ、口は小さめに描く、といったことを意識して描くことでバランスが取れていきます。

kiuiもかなり苦戦した顔の部位です…女性を描く時はバランスが大事…

きうい
きうい
実はkiui…絵を描き始めた頃は男性しか描いていませんでした。そうなると女性の顔を描くのが難しくなってしまうんですね…

そういった経験も踏まえて改善した箇所をお伝えしています!




男女の手の描き分けについて

次に、男女の外見でよく出てくるシーンと言えば、手の描き分け!

手も男女で違う部分が多いと思います。

男性の手の描き方

大まかに描き方で違いを出すといえばやはり男性ではより大きく、カクカクした感じに描くと、より男性らしさが出てきます。

女性の手の描き方

女性では逆に丸みを帯びている感じで、曲線を書くような感覚で描くとより女性らしさが出るのではと思います。あと爪もシュッとした具合で描くとよりらしさが出てきます。

手の大きさですが、自分の手を参考にしても良いと思います。

男女の体の描き分けについて

続いて男女の体の描き分けについてです。

一番最初に□と○を意識するとお伝えしましたが、それを全面に繋げていきます。

肩幅や胸、お尻と太もも辺りが主に違いが目立ってくる場所ではと思います。

 

こうすることで、男女の体の違いは一目瞭然になっていきます。

あとは身長差をどうしたいかといったことで調整をしていけば、男女差など出てくるのでは無いかと思います。

男性と女性の目の描き分け方

次に男性と女性の目の描きわけについてです。

目と言えば女性の方が大きく描いた方が良い?といったことも見受けられるかもしれませんが…多少気持ち大きくして、まつ毛を描いていけば女性らしさは出てきます。

逆に男性は目が大きくてもまつ毛はそこまで意識して描かなくても良いかもしれません。

中にはまつ毛が長い男性も居ますが、キャラを引き立てるためにまつ毛を描いても良いかもしれませんね!

男性目

女性目

まとめ

今回は男性と女性の描き分けについてお伝えしました。

体脂肪率や身体構造の理由の違いから、やはり多少は差が出てきますので、「男性は□」「女性は◯」を意識して描くとらしさは出てくるのではと思います。

どうしても片方を集中的に描いていると、どう描けばいいか、女っぽくなる、男っぽくなるといったことも出てきます。

そういった場合は焦らず、今回お伝えしたことを参照して、徐々に慣らしていくことをおすすめします。

それでは、皆様のより良いお絵かきライフを心よりお祈り致します!