イラストの依頼ってどうするの?気を付ける点は?イラストの依頼方法

Pocket

こんにちは!イラストレーターのKIUIです!

イラストの依頼をする時って、具体的にどうすればいいの?といったことで、最初はどうすればいいか分からないですよね。

これを追加で依頼したら価格を上げられるのではないか?といった不安もあるかと思います。

できれば無料で書いて欲しいといったことも考えるかもしれません。

今回はイラストレーターにイラストを依頼する流れや注意点などについてお伝えしていきます!




目次

イラストの依頼ってどうやるの?

イラストを依頼する流れですが、まずはどこで依頼が出来るかについてお伝えしていきます。

依頼しやすい+依頼初心者でもそつなく依頼が出来るサイトです▼

ココナラ

SKIMA

スキルクラウド

最初は上記の3つのサイトでイラストレーターへ相談してみるのが良いと思います。

この3つのサイトはイラスト依頼の流れの一連が比較的分かりやすく記載されています。

イラストを依頼する前に、これを依頼するとオプション価格になるといったことが購入前に明記してあるので、おおよその価格を知れたり、金銭トラブル防止になったりします。

ですので上記3サイトは初めてのイラスト依頼にはハードルが低くおすすめです!

 

他にもランサーズクラウドワークス
などがありますが、こちらは依頼に慣れた頃の方が良いでしょう。

イラスト依頼のハードルとしては、中級〜上級者向けです。

と言うのも、ランサーズクラウドワークスでは、大体はイラストレーターを募集という形になるので、慣れていないと価格設定などの考慮が出来ず、無意識に無理強いな依頼をしてしまい、トラブルの元となり得るからです。

イラストを依頼する側は、「このくらいの修正、簡単なことなのでは?」と思われることでも、実はイラストを描く側にとっては睡眠も削らなければいけない労力となり得ることがあります。

イラストレーターの方も、しっかり「その修正はこれくらいかかる」といった明記をすれば良いとは思いますが……。

依頼に慣れていないということを先に伝えないと、イラストレーターの方も無理難題を押し付けられている状態となり、依頼を受けた後にお手上げ状態となる可能性も高いです。

この場合、無駄な時間や精神も使い果たしてしまうので、お互い、いいことありませんよね…_(:3」∠)_

きうい
きうい
イラストレーターの方も継続依頼を受けたくないと思ってしまいます…

もし修正を依頼するのであれば、無理強いはせず、この修正は可能か?といったことを質問してみるのも良いでしょう。

その点を踏まえて大丈夫そうであれば、ランサーズクラウドワークス
は継続して依頼が可能なイラストレーターも多数ですので、利用するのも手かと思います!

 

他、上級者向けでは、サイトやSNSでの依頼です。

個人のサイトでコンタクトを取ったり、SNSでDMにて依頼する場合、仲介がないので手数料が発生しないのが最大の利点かと思います。

しかし、手順から送金方法まで一連を受け持たなければなりません。

トラブルが起こったとしても(イラストレーターが前払い後に音信不通になったなど)こちらで対処しなくてはならなくなります。

一連の流れを把握していないと中々難しいので、まずは依頼する数を多くこなしてからの方が良いでしょう。




イラスト依頼の手順や気をつける点とは?

それでは次に、手順をお伝えしていきます。

今回はココナラSKIMAにて依頼する際の手順です。

1.検索でイラストレーターを探し、商品の詳細を確認する

2.購入前にメッセージなどで依頼の絵を描けるか等の相談or見積もり依頼

3.大丈夫そうであれば購入へ進む(オプションを使用する場合はチェックしましょう)

4.依頼したいイラストの詳細を伝える(イメージ画像添付など)(オプションになるか不安であるなら、購入前に伝えるのも手です)

5.ミーティングを兼ね、イラストレーターがラフ又は線画を作成します

6.イラストレーターがラフ又は線画の提出 イメージ合わせを兼ねて修正箇所を依頼(なければ線画や清書などの工程に移ります)

7.清書の作成 清書完了時に修正箇所を依頼(なければ次に進みます)

8.納品完了

 

ざっくりとこういった流れになります。

ここで気をつけなければならない点としては…

・購入前にオプション価格があるかの確認(詳細を伝え、見積もりをしてもらう)

・修正回数や段階ごとの修正依頼のタイミングを気を付ける

といった2点となります。

 

ココナラSKIMAでは、修正回数は大体の方は3回まで、3回以上はオプションと記載されています。(もちろん無制限の方も見えますが、納期に反映されていたりしています)

これは修正が多過ぎてしまって依頼以上の労力にならないように調整している為です。

後は修正を依頼するタイミングです。

例えば、ラフ→線画→清書 の流れがあります。

清書が完成した段階で

線画のタッチを変えて欲しい

といったことは多くのイラストレーターにとって無理な修正となります。❌

こういった場合は

線画チェックの段階で伝えるべきです。

清書に入っている線は、線と色を馴染ませている可能性が高いからです。

それを直せというのは、出来たとしても、逆にクオリティを下げ兼ねません

段階でチェックが出来るものに関しては、その段階で修正をしてもらいましょう。

逆に無理な修正に応じて貰った場合はその分評価を上げたり、追加料金を支払うなどをしてバランスを取ると、継続に応じる可能性が高いのでそのようにすると良いでしょう。

まとめ

今回はイラストを依頼する手順から気を付ける点についてお伝えしました。

依頼する際に手順や気を付ける点などを知っておくと、やりとりもスムーズに進むことが出来ますし、お互いwin-winな関係となります。

慣れてきたころに、他サイトの依頼方法などについてもご紹介していきたいと思います。

できる限りLos-Losな関係は避けたいところですので、記事を参考にして頂ければ幸いです。

それでは、今回はこれにて!